ブログネタ
ブランドショッピング に参加中!
qq580322012秋の流行新作ブーツ

UGGって何?

UGG (アグ)は羊の毛皮を100%使用したブーツです
UGGとは高品質な羊の毛皮を使ったブーツを指す総称で「アグ」と読みます。羊の毛皮のことをフランス語でMouton(ムートン)、英語でSheepskin(シープスキン)と言いますので、UGGは基本的にはシープスキンブーツ、ムートンブーツと同義ということになります。抜群の通気性と保温性、そして履き心地の良さを兼ね備えているため、現在世界中で大人気の定番フットウェアとなっています。

オーストラリアで1920年代に登場したUGGブーツは当初、羊毛刈りを仕事とする人たちの間で広まりました。彼らは自分たちの不恰好なブーツを「Ugly Boots(かっこ悪いブーツ)」と呼んでいました。「UGG」という名前はこれに由来するのですが、あまりの履き心地の良さから次第に一般の人々にも履かれるようになっていったのです。

冬には驚くほど暖かいUGGですが、通気性に優れているため夏にも涼しく履くことができます。また、長時間外を歩く遊園地デートのようなヒールを履きたくない場面でも、軽くて疲れにくく、しかもいろいろなファッションに相性のいいUGGならまったく悩む必要はありません。

可愛くておしゃれで羊毛100%の高級感もあり、しかもとにかく便利。 UGGが一時の流行に終わらない理由はその辺にあるのでしょうね。
qq58031

UGGの素材

オーストラリア羊毛文化の結晶UGG
UGG ブーツは何と言っても履き心地の良さが魅力ですが、その主な原料となっているのはメリノウールです。

メリノウールとは羊毛の中でも最高級とされるウールで、メリノ種の羊からとれます。主な産地はオーストラリア。ソフトでしなやかな肌触りと美しい光沢が特徴です。薄くて軽い繊維は見た目にも高級感があり、保温性と通気性の高さから一年中利用できるウールです。

ウールは細ければ細いほど肌触りが良くなりますが、オーストラリアの羊毛は19ミクロン以下が約30%と非常にきめが細かいです。この数字は10年前には8.5%だったことを考えると、特に最近著しく品質が向上したともいえますね。

一方、ソールに使用されているのはほとんどがEVAという素材です。これは合成樹脂の一種で、エチレン、ビニール、アセテートを調合して圧縮した、適度な硬度のスポンジ素材です。耐久性と弾力性に優れており、軽くて水にも強いので、よくスニーカーのソールなどにも使用されています。


qq58032G5LMH111021182713


※UGG数量限定品です!お早めに♪

(正規品店:UGGboots.JP

さらに

♪送料無料♪