ここ数年、UGG(アグ)のブーツが大ブレイクしていますね。 
シープスキンの保温性と、コロンとしたキュートなデザインで、実用的でありながらもファッショナブルというのが、大流行の理由でしょう。
≪≪UGGboots.JP激安ブーツ通販店≫≫新年の御祝い

今でこそ、世界中でもてはやされているアグブーツですが、その語源はUgly Boots(醜いブーツ)です。 
オーストラリアのスラングで、UglyがUggと言われることから、段々とUgg Boots(アグブーツ)と呼ばれるようになりました。 
アグブーツは、一体どのようにして、オーストラリアから世界のブーツへと羽ばたいていったのでしょうか。

1920年代のオーストラリアで、アグブーツは産声をあげました。 
当時、羊毛刈りを生業としていた人たちは、寒さしのぎのために、シープスキンで足を包み込むブーツを履いていました。 
Ugly Boots(醜いブーツ)と呼ばれていた通り、足を無造作に包み込むだけの、簡易で不恰好なブーツだったようです≪≪UGGboots.JP激安ブーツ通販店≫≫新年の御祝い

1930年代には、第一次世界大戦で、戦闘機のパイロットがアグブーツを履きました。 
上空の冷えから体を守るために、Uggがパイロットの足元を温める役割を果たしました。

その後、1960年頃から、パース(西オーストラリアの都市)のサーファーやスイマーの間でもアグが履かれるようになりました。 
水中で冷えた足を温めるために、アグの保温性の高さが、一般の人々の間でも注目され始めたのです。 
これをきっかけに、Uggを生産する会社がいくつか現れ、1970年代には、オーストラリア東海岸のサーファーにも、アグブーツが愛用されるようになりました。 
ただし、この頃は、ブーツと言うよりも、ソックスに近く、今のアグブーツのようなしっかりとした靴底はなかったようです。

そして、1978年に、ブライアン・スミスというサーファーが、アメリカに初めてUgg Boots(アグブーツ)を紹介しました。 
アメリカでの評判は、決して芳しいものではありませんでしたが、ブライアンはあきらめませんでした。 
カリフォルニアのサーファーが、Ugg Boots(アグブーツ)と似たようなタイプのブーツを履いているのを目にして、UGG Australia社を立ち上げる決心をしました。 
こうして、Ugg Boots(アグブーツ)は、カリフォルニアのサーファーの間にも浸透していきました。

1995年には、ブライアンは、UGG Australia社をアメリカのフットウェアカンパニー「デッカーズ社」に売却しました。 
Ugg Boots(アグブーツ)は、これを機に、よりファッション性を重視したものへと変貌を遂げ始めました。 
2003年頃から、ハリウッド女優やセレブの間でも履かれるようになり、UGGの人気は、世界中へと広がり始めました≪≪UGGboots.JP激安ブーツ通販店≫≫新年の御祝い

0000