アメリカのデッカーズ社が販売するUGG(R)Australiaの正規品についての情報です。 
最近は、色々な通販サイトやオークションなどで、UGGR)Australiaの偽造品が数多く出回っているのが現状です。 
正規品と区別するのが難しいほど、巧妙に作られている偽造品もあります。 
ですから、UGG(R)Australiaのブーツを買う前に、正規品とコピーの違いを覚えておくことをお勧めします。 
ネットショップやオークションなどで、商品を注文する前に、正規品か否か、次のポイントをチェックしてみましょう。

<正規品と偽造品の違い> 
◆価格 
日本国内に流通しているUGG(R)Australiaの正規品のブーツは、3万円以上するのが普通です。 
WTOが定めている関税は、日本が輸入する本物の革靴1足に対して最低4,300円。 
割引制度が適用されている特定の業者でも、2,000~3,000円の関税がかかります。 
税金だけでも、これだけの金額がかかるわけですから、極度に安い商品は正規品の可能性が低いです。

◆生産国 
UGG Australia社(Ugg Holdings, Inc.)は、オーストラリアのブライアン・スミスがアメリカで創設した会社です。 
しかし、1995年に、アメリカの巨大なフットウェアカンパニーのデッカーズ社(Deckers Outdoor Co.)に売却されました。 
2005年には、世界的に大ブレイクしたUGGブーツを大量生産するために、デッカーズ社は、生産の拠点を中国に移しました。 
ですから、2005年以降の正規品では、ブーツ内側のタグに「MADE IN CHINA」の文字が見られます。 
ただし、Ultraモデルは唯一の例外で、現在はニュージーランド製となっているそうです。

◆発送地 
UGGは、中国から直送されるケースが多いようです。 
UGG(R)Australiaの中国工場からアウトレット品を仕入れることは不可能です。 
万が一、中国の工場から出たものだとしても、闇ルートのものは正規品とは呼べられるかな^^

◆付属物 
ネットショップの中には、「保存袋つき」としてUGG商品を販売している場合があります。 
UGG(R)Australiaの商品には、保存袋はありません。 
また、正規品には、紙製のタグもついていませんし、小冊子などの付属物はありませんので注意してください。

公式サイトでは、偽物の被害を防ぐために、以下の販売経路から正規品を購入することを呼びかけています。 
●UGG(R)Australia フラッグシップストア および 弊社の公式ウェブサイト 
●UGG(R)Australia の正規販売店 
●UGG(R)Australia の正規販売店のオンラインショップ

正規品とフェイクの見分け方については、サイト内別頁(UGGムートン)を参考にしてください。

UGGboots.JP
激安UGG正規品販売店


koko0