91

UGG Australiaの偽造品が色々な通販サイトやオークションなどで、数多く出回っています。
正規品と区別するのが難しいほど、巧妙に作られている偽造品もあります。

UGG Australiaのブーツを買う前に、正規品とコピーの違いを覚えておくことをお勧めします。
ネットショップやオークションなどで、商品を注文する前に、正規品か否か、次のポイントをチェックしてみましょう。

日本国内に流通しているUGG Australiaの正規品のブーツは、3万円以上するのが普通です。
WTOが定めている関税は、日本が輸入する本物の革靴1足に対して最低4,300円。
割引制度が適用されている特定の業者でも、2,000~3,000円の関税がかかります。
税金だけでも、これだけの金額がかかるわけですから、極度に安い商品は正規品の可能性が低いです。

UGGブーツは、大量生産するために生産を中国で行っています。
そのため正規品には、ブーツ内側のタグに「MADE IN CHINA」の文字が見られます。
また、偽造品は、中国から直送されるケースが多いようです。

しかし、UGG(アグ)という言葉は、実はUGG Australia者のブランド名以外でも使われます。
UGG(アグ)はシープスキンブーツの総称として、オーストラリアやニュージーランドを始め、世界各地で広く使われています。

UGG Australia創設者であるオーストラリア人ブライアン・スミスが、アメリカで事業を始める際にUGG(アグ)という言葉の商標権を獲得しましたが、これはアメリカ国内とヨーロッパでしか効力がありません。
つまりそれ以外の地域では、全く別の第三者がUGG(アグ)という言葉を商品名などに使用しても違法ではありません。

※UGG数量限定品です!お早めに♪

(正規品店:UGGboots.JP
さらに
♪送料無料♪

元旦祭り:1000円クーポン取得できます。引換コード:UGGboots.jp