butu0


できるだけ換気の良い場所に保管してください。通気の問題があるので、ワードローブドア、シューズボックス、彼らが見つけるために乾燥剤入れてください。 靴箱場合、クローゼットは常に休日換気の間のドアが開いたままにして試してみてください。日本は西洋諸国は、高温度や湿度に比べて、カビの文化は簡単で す。緯度と比較して、パリ、ロンドン周辺の北海道からサハリンの北には、日本はほぼ地中海と同じ緯度です。

基本の手入れ

①ひもの付いた靴はひもをはずします。

②コバの出ている靴はコバの汚れをブラシで掃い落します。

③底のゴミや汚れも使い古しのハブラシやヘラを使って落します。コバや底のブラシは「底」と大きく記入し、他には使わないようにします。

④他のブラシで表面の埃を落します。特に起毛素材のベロア、ヌバック、スエードなどは必須です。スーツにブラシをかけるのと同じですから、アッパー部分のブラッシングは帰宅時の習慣にしたいものです。

⑤柔らかい布にクリーナーを少し付けて、汚れを落していきます。

⑥別の布に靴の色や革質に合ったクリームを付けて、靴表面の全体に薄く伸ばします。クリームの色は革と同じか、やや薄めです。靴の表面には直接付けないようにします。
⑦ブラシで、革のシワや毛穴、縫い目に入ったクリームなども伸ばしながら、全体を磨きます。

⑧光沢重視の場合は⑥と⑦で、水を表面に数滴たらして磨きます。水でワックスが早く硬化し、光沢も早く出ます。軍隊では水のかわりにつばをペッとして、磨く習慣がありました。

⑨仕上げ用の別の布で、磨き、光沢を出します。この場合は古くなった
ストッキングも有効です。艶が出るのはこの過程です。
⑩革底の場合は底にミンクオイルを塗ります。

格安UGG靴ネットショップ:myUGG.jp

1256