colour_副本


◎製造国について
 
UGG AustraliaのClassic Tall および Classic Short に関して、 New Zealand製 または Australia製をうたっているものの多くは偽物の可能性が高いです。UGGのブーツはDeckers Incで製造されていますが、3年以上前から製造は中国で行っているからです。 
そのため、また、正規品Classic UGGのブーツの内部についているラベルは“ made in China”が正しく、“made in New Zealand”または“made in Austraia”となっているものは偽物です。 

◎商品ラベルのロゴ 
ブーツの外側についているラベルのロゴに関しては、 
UGG正規品(写真左)に比べ、偽物(写真右)は“australia”の文字が太字です。 
 draft_lens15540411module134209781photo_12900447981


◎素材について 
UGG正規品はシープスキンですが、偽物の多くは人工素材です。偽物の中にはシープスキンを用いたものも存在しますが、染料でファーの部分を染めているため染料の匂いがします。また、正規品(写真左)のファーはボリュームがあり色はクリーム色かかっていますが、偽物(写真右)は正規品とくらべ厚みがなく色はややグレーがかっています。手触りもよくありません。 
ge
 


◎縫製について 
UGG偽物は縫製が粗悪です。 

◎付属の紙タグや布袋について 
UGG偽物には青色のタグがついていたり、“UGG SNOW BOOTS”と印刷された茶色の布袋に入っていますが、これらはDekersにて製造されたUGG(正規品)ではありません。 

bukuro


 格安UGG靴ネットショップ:myUGG.jp